愛の源泉

心がざわざわしたり、落ち込んだり、自分や相手に怒りを感じるときは「愛が足りてないよ」というメッセージでもあります。

私はずっと愛は人から、植物から、動物から、宇宙からいただくもの・・・と考えてきました。というのもだいたい自分が愛が足りないなって思う時は、両親とかかわった後に感じることが多かったからです。

 

でも

 

ある時気づきました。確かに赤ちゃんから大人になる過程では親の愛情を受け取ることも大切です。親の愛情によってその後の人格形成にも大きな影響を受けるとも言われています。でも本当にそれだけでしょうか?そういう見方(世界、広場)で見ればそうなのでしょう。そもそも私たちはそうなんだという世界の中でそうなんだという思い込みを持つ人たちの中で育ってきましたから当然、親の愛情を受けた受けない。受けなかったからこうなった!という世界が広がっていきます。

 

でも そもそも愛はもらうものでしょうか?  自分は愛を生産できないのでしょうか?  それほど自分は無力なのでしょうか?

 

私は違うと思います。

 

私たちの中にはちゃんと愛を生産する泉があって、私たちがその存在に気づけばどんどん活性化されます。私たちは愛そのもの。私は愛なんだ!!そこに気づくことで、愛の源泉はどんなに枯れていても復活し、活性化してどんどん愛に満たされていきます。傷ついた、愛が足りない・・・そう感じたら・・・自分は愛そのものなんだ・・ということをはっきりと自覚し、誰からもらうのではない自分で満たすことができることを信じてみてください。

 

そうすると不思議なのですが愛がコンコンと湧き出してきて、ハートを満たし、全身を満たし、ああ・・自分は愛なんだ~~~ということをますます実感できることでしょう・・・