それは本当に自分のものなのか?

先日のセッション

ここ数日どうにも感情が揺れ動き冷静でいられず、家にいても職場でもずっとイライラしてしまう・・というHさん

彼女のエネルギー体を一緒にみていくと、オーラが予想以上に大きく膨れ広がっていました。その中をじっくり観察していくと、自分以外の感情エネルギーが入り込んでいました。Hさんは自分を発信するより受け止める包容力の深い優しい方です。そんな彼女は知らず知らずのうちに、周りの感情を取り込んでしまい、その結果Hさんのエネルギー体がスポンジのように吸い込んで膨れてパンパンになってしまっていたのです。

くわしくお話をお聞きすると、どうやら職場である試験が行われるそうで、なんとなく職場がギスギスしていたそうです。Hさん自身はその試験を受ける予定はないのですが、どうやらそれを受ける人たちの焦りや不安やイライラを受け取ってしまっていたのでしょう・・・

Hさんのハートは傷ついていました。自己嫌悪や罪悪感もありました。実際は、イライラなどの情緒不安定な状態のほとんどは、彼女自身の感情ではなかったのです。でも、それを知らない彼女はそんな自分の不安定な感情を持て余し、すべて自分の感情だと思い込み、そんな自分が嫌で落ち込んでいたのです。

Hさんに、それらの感情のほとんどはあなたのものではないですよ!これからそれらの感情エネルギーとさよならしましょう!と伝えました。

本人の自覚があるとないとではエネルギーの動きが大きく変わってきます。Hさんが自分のものではない!とはっきり自覚した瞬間から、その不要な他人の感情エネルギーはどんどんオーラから剥がれ落ちていきました。彼女の背後にもつながっているコードがいくつもありましたがそれらも彼女が外すと決めた瞬間から簡単にはずれていきました。

彼女のハートの奥深くに小さく光り輝いている玉がありました。薄いレモン色の輝きは彼女の魂の輝きです。これはセッションが始まったときから光っていました。優しい薄いレモン色の光は彼女のそっと寄り添うような優しさを表わしているようでした。エネルギー体が整ってくるとどんどんその魂の輝きは大きくなりよりしっかりと輝き始めました。

自分のことってわかっているようでわからないこと、ありますね。

私もいつの間にか気持ちに余裕がなくなってしまった時、暗いトンネルの中に入り込んでしまったような気持ちになって、勝手に涙が出てしまったことがあります。そんな時は、自分でなんとかしようとしても気づけないことがあります。客観的に観れないときがあります。そんな時、私は信頼のおける人に観てもらって助言してもらいます。

身体は整体にいったりアロマトリートメントを受けたりして肉体的なメンテナンスが可能です。でも見えないエネルギー体はついつい大丈夫だろうと後回しにしたり、気づかないままにしてしまいますね。

でもこれからの時代は、エネルギー的なメンテナンスを必要な時代です。

身体はもちろん心もエネルギーもすっきりリフレッシュしてこの蒸し蒸しする梅雨の時期を気持ちよく過ごしていきましょう^^