ネバネバの糸

ここ最近気分が上がらず頭が重くやる気がおきないと話してくださったAさん

エネルギー的に観ると

 

蜘蛛の糸をひっかけたかのようにネバネバした糸が両足に絡まっており

更にそのネバネバをひっかけたままあちこち歩いたため、あちこちの不要なエネルギーがひっついていました。はじめは小さな不要なエネルギーの塊も、歩くごとにどんどん雪だるま式に大きくなっていっていたため、さぞかし歩きづらかっただろうと思いました。

そのことをお伝えすると「確かに足が重くて歩くのが億劫だった」とのこと

 

土地  場所

の中には、いい波動のところもあれば 悪い波動のところもある

しかし初めてみました。こんな蜘蛛の糸のように、トラップのようになっていることもあるのですねぇ・・糸は意図ととらえると、意図的にこのようなエネルギーの罠をしかけるということもあるのでしょうか?それを見ていくと、その場所にある時代の歴史や人の歴史など深い話になりそうなので、そこはあえて見ず、その糸からくっついている不要エネルギーを浄化することに集中しました。

 

これもアクエリアスエネルギーを注いでいくと、熱湯によって油のベタベタが取れていくように、どんどん糸のネバネバと不要なエネルギーの塊が溶けて小さくなっていきました。

 

その日の夜 「すっかり軽く楽になりました~それにしてもいったい何だったんだろう?(笑)」という明るいメールをいただきました。

よかったよかった^^

それにしても こんなケースもあるのですね。。私も勉強になりました…