体は正直

ここ1週間ほど風邪気味で、特に悪寒がすごくてガタガタ震える日々を送っていました。毎日の日課の浄化ワークをしているとそういう時いろいろと変化が見えるのでとても分かりやすいです。

寒気と共に、身体の節々、または内臓、細胞に入り込んでいた私の根深い不安や恐怖がしみだしてきていました。そのしみだしてくる感覚がとてもリアルで本当に冷気が内側に潜んでいたのがよくわかりました・・・

その根っこをよくよくかんさつすると「拒絶されることへの恐怖」という言葉が浮かんできます

 

10月に不思議な治療院にこれまた不思議なご縁で行くことになりました。 そこで、私の左側の首を触っていた治療家の方がポロッと「本音をご主人さんに言えてないのかな?」と私に言ったのです。え??っと思って、思いがけない言葉だったのでえ?え?え?っと思っているうちに、両目からツ~~~っと涙が流れ始めました。悲しいということを感じる前に先にツ~~っと流れる涙に正直驚いたのですが、その瞬間、「あ!緩んだ!」と言って金づちみたいなものでコンコンと首をたたいて歪みを治してくださったことにもびっくりでした。そしてそれ以来首のつまりがなくなったのです。

首のつまりがとれたことで、ますます私の中の自分の気持ちに限りなく正直でありたい思いが、ここ最近のちょっぴり辛口なブログの内容へとつながっていくわけですが、それと共に、正直であることに関わるもう必要ないエネルギーが今まさに解放されているのでしょう・・・素直な自分の気持ちや希望を伝えることに、周りがどう思うか?とか拒絶されるか?という迷いや不安はもう必要ないものです。

第7地球では、自分より相手を尊重したり、遠慮したり・・恐怖から自分を守るために言いたいことやりたいことを我慢していました。

しかし、第8地球では、 自分も相手も尊重し その時、その瞬間共感しあう仲間と共に高めあい喜びを共有する真の自由な世界です。

古い第7地球のもろもろのものは手放して次の時代へ進んでいくのですね^^