何度も自分に落とし込む

自分との対話 そして癒しと魂の成長にインナーチャイルドは見過ごすことはできません。龍と共に行う遠隔ヒーリングの中でも、時にこのインナーチャイルドが出てきます。花の中で花びらにおくるみのように包まれていたり、口から炎をゴジラのように吐き出していたり、草原をものすごい高さでホップステップジャンプしていたり…毎回びっくりさせてくれます^^

現実の日々がとてもつらく苦しいものだとすると、あなたのインナーチャイルドはそれ以上にボロボロの状態になっていたりします。あなたの内側の小さな子供が幸せだとあなたの現実も素敵です。逆にいうと、今あなたの日常が楽しくなかったり、つらくむなしく感じていたとしたら…それは内なる子供からの「私の話を聞いて!」というサインでもあるのです。それは、どれだけ自分を受け入れ、愛しているか。。ということでもあります。

自分を丸ごと愛している!受け入れている!のが100%だとしたら、自分のことが嫌いだったり、自分に満足を感じていない割合がとても高いということを表わしていることでもあるのです。

 

あなたがもし、現実を楽しく、よりよいものにしたいのでしたら、ぜひその自分を嫌う割合を少なくし、自分大好き♪の割合を100%に近づけるよう意識することをお勧めします。

 

でもこのワーク、、時に錯覚を起こすことがあります。こんなことがありました。

私のインナーチャイルドは昔、鎖につながれていました。私のイメージの中の話ではありますが、瞑想に入りインナーチャイルドに会いに行くと、空気のきれいな山の山頂にきれいな山小屋があって、その中に小さな子供の私がいたのです。こんなに澄んだ晴れた日に、どうして外で遊ばないのかと問うと、彼女は私にジャラジャラした太い鎖を見せてくれました。その鎖は彼女の片足首の足輪とつながっていました。小さいころの私の家は、とても躾が厳しく、母親はよく暴力をふるいました。世間的に目立つ行動をしないように・・これが鉄則でしたので、とにかく勉強や友人関係、髪型など口うるさく管理され息苦しい子供時代でした。それが初めてインナーチャイルドに会いに行ったワークで、鎖につながれた小さな自分を発見した時の衝撃はわすれることはできません。その時から私は毎日インナーチャイルドに会いに行きました。そしてたくさん対話しました。対話していくと不思議なことにいろんなことがわかってきました。エキセントリックだった母親も、当時義父母との間で苦しんでいたこと・・途中で大好きだった仕事を育児のため断念せざる得なかったこと・・その中で母との和解もありました…

そうして気が付くと、足の鎖は小さくなって、ボロボロになって消えていったのです。

それを確認してから、数か月 インナーチャイルドに会いに行くことを私はしていませんでした。数か月たって新しいことに挑戦することに対してすごく恐れを感じて逃げたいと思っている自分に気づく出来事があり、その現実からふとインナーチャイルドに会いに行ってみよう・・そう思いました。そして会いに行ったのです。

するとどうでしょう

家の外に彼女は出て、立って私を待っていてくれました。 しかし見るとまだ足に鎖がついていたのです!鎖の長さが長くなっていたおかげで外には出られるけれど、行動できる範囲はとても狭いものでした。彼女と対話してみると、彼女は新しい世界に興味があり、挑戦してみたい、やってみたいとは思うけれど鎖があるからできない…とあきらめモードになっていました。

そこまできいて何かおかしい・・と私は気づきました。

先ほどからおかしいと思っていましたがやっと気づきました。以前の時と比べて、今回見ている世界がモノクロの色調になっているのです。深く観ていくと、この世界はインナーチャイルドの私が思い込んでいる世界であるということ。。つまり、もうとっくの昔に鎖はなくなっていていつでも自由に出かけられるのだけれど、あまりにも長い年月ずっと鎖を付けていた自分に慣れていたため、なかなか鎖のない自由な自分モードになれなかったのです。それが一つ。もう一つは、新しいことに挑戦する恐れが大きく、鎖がつながれていることを理由に一歩踏み出すことをやめてしまいたいと思う癖がありました。

鎖につながれていたのは、親からの厳しい躾けがきっかけだったかもしれません。しかし、それを隠れ蓑にし、鎖につながれることを受け入れたのは紛れもない私自身だったのです。理由は「そうしていたら誰かのせいにしながら楽できるから」です。

だからインナーチャイルドの小さな私は、鎖がまだあるんだ!と思い込もうとしました。昔からずっとあった鎖です。以前よりは長くなり家の周辺は歩き回れて友達とも少し遊べたりはできますが、それ以上遠くへはいけません。以前からずっとあった鎖ですからすぐなじんでしまいました。すっかりまた囚われている自分を自ら受け入れてしまっていたのです。

新しいことに挑戦したり、新しい世界に飛び込むのはとても勇気のいることです。しかし、その世界に飛び込むことで新しい化学反応が起こり、新しい感情やエネルギーを生むのです。喜びを生むのです^^新しい世界に飛び込むというのはなにもあっちこっち出かける!とか仕事を変える!とか何かを学ぶ!とか引っ越す!とかそういうことに限定しているのではありません。同じ場所にいてもずっと家にいてもいいのです。ただ、あなたが自由なら・・・ あなたの意思が自由なら・・

私はそのことを自分のインナーチャイルドに話をしました。新しい世界を見るのは怖い・・でもあなたの本心はどうなの?このままでいい?それとも怖いけど見て見たい?

 

すると、小さな私は言うのです   「怖いけど見て見たい!体験したい!」

 

じゃあ、もうこの鎖はいらないよね^^  そういった瞬間、モノクロの世界はカラーの世界になり、ずっと止まっていた時間が動き出したかのようにイキイキとし始めたのです^^

 

 

この経験から、人は以前の自分に慣れてしまっていて戻ってしまうこともあるんだな・・と学びました。脳はごまかしに簡単に騙されてしまうのですね・・だから何度も自分に落とし込んでいく必要があるのですね・・

LyraHouseでヒーリングワークを受けてくださった方でその後のサポートヒーリングを始めていこうかな・・と思っています。エネルギーが安定し、更に飛躍していけるように・・・オプションで必要なジェモやフラワーエッセンスをお送りするセッションも考えております。

近々またHPにUPいたします~♪