三つのカギの一つ

龍との封印解除の創始者エイトスターさんとのワークの中で、以前確認した三つのカギ。

 

私の三人の息子たち一人ひとりに関係するカギで、このカギを開けることは、人々のある意識を

大きく変換することにつながることとなるカギでもあります。

 

11月8日に次男がNZから帰国し、11日に次男に対してカギが渡されました・・・

来年の3月3日までに三つのカギの解除をするようにとのことでしたが、いきなりきました(汗)

内心ドキっとしつつ受け取り次男を眺めると額に三つのクローバーのような封印(というか穴)が

みられました。

 

そこに静かにカギを差し込むと

スーーーーっとそのカギが吸い込まれるように封印(穴)の中に入っていきました。

サイズがぴったりだったので、まるでパズルがピタッとはまったかのようになって

おさまったあとは、どこが封印の場所かもわからないほどぴったりになっていました・・・

 

しばらく様子を見ていくと

額の奥の奥から黄色(金色)の光が外側に向かってサーーーっと流れていました。

とてもきれいでしばらく眺めていました。

 

そのまま事態が変わらないためその日はそのままに・・・

 

翌日の早朝、確認してみると粘土質の何かがドロッと出てきていました。

それらは自己否定や自己嫌悪、嫉妬、怒りのような感情・・というよりもっと根っこの深い

エネルギーでした。

こんな自分に愛なんてない こんな自分が愛されるわけがない

今の次男なのか 別の時代の次男なのか 魂の声なのか

それを追求する必要はないと感じました・・・

 

どんなあなたも受け止められるよ

どんなあなたも愛しているよ

あなたがどんなに否定してもあなたの美しさを見ているよ

 

そんなメッセージを込めて 歌いました・・・

 

翌日も同じようにワークしていきました・・・

 

どれくらいたったでしょうか・・・

 

何かが切り替わった感覚がして

ふと見ると

ハートから額から喉からあちこちから花が、蕾が、外へ向かって広がって

行くのがわかりました・・・・

 

どんなにかっこ悪くても

どんなになさけなくても

自分は自分なんだ!

という声が聞こえてきます

 

 

このどんなにかっこ悪くても、なさけなくても・・・は次男の心の声なのでしょう・・・

要領よく生きて行きることができず、不器用な自分の人生を これまでの人生を憂いて

どうして自分ばかりこんなつらいことが起こるんだろう・・・となんで?なんで?と

運命を、神を、自分を恨んでみたこともあったけれど

 

でもようやく

自分は

これでいいんだ・・・・

 

いいかっこする必要もなく

いいわけする必要もなく

どう思われても

何言われても

僕は僕なんだ

 

 

ハートからあふれる 悟り・・・のようなエネルギーの光

 

涙がでました。

 

そうだよ

 

君の人生はこれからがスタート

 

発達障害と言われて先生から馬鹿にされても

いじめを受けた過去があっても

社会からはみ出しているといわれても

 

君の心の美しさ やさしさに触れると

私はいつも泣きたくなる・・・本当に優しくて優しくて 触れているとただただ

泣きたくなる

 

きっといつか

その君のやさしさが

人を笑顔にしたり 幸せにしたり 癒したり

世界を変える手助けになるよ

 

 

彼の封印を解除したはずなのに

 

私の中の何かが開いて ハートが開いて とても癒されている自分がいました・・・

 

びっくりです