龍と共に行う遠隔ヒーリングについて

龍と共に行う遠隔ヒーリング 龍との封印解除に関して

エネルギーワークですし、遠隔ですし、二の足を踏んでしまう方も多数おられます。

思い切って受けられた方も、感想メールをいただく際「遠隔ヒーリングなんて初めてだったり

まして龍とのワークなんて、奇想天外すぎて騙されているんじゃないかと思ったりも実はしました」

と正直な当時のお気持ちを伝えてくださる方もいらっしゃいます。

 

その気持ち

 

よ~~~くわかります~~

 

私もそうでしたから・・・

私自身、素直に信じる自分と、とても冷めた目で冷静に分析する自分がいて、この後者が毎回毎回ストップをかけてくるのです。「ちょっとまって?」「それっておかしくない?」「冷静に一歩離れて考えよう」

フラワーエッセンスやアロマのセミナーに参加しても、みんなが「すごい!すごい!」と大絶賛していても、このストッパーが立ち止まることを促すものだから、どんなことにも全身でのめり込めないのでそんな自分が嫌だな・・・と思った時もあります。「すごいな」とは思っても「いやでも他にもいいツールはあるでしょう」とか「それだけで優れているってことはないんじゃない?」とか、あまのじゃくな自分が出てきて「いいものだと思うからありがたく使わせていただくけれどあくまでも自分はニュートラルな位置にいさせていただきます。」というスタンスを取り続けてきました。

 

ですが、今はそのストッパーがあったからこそ、いや待てよ。冷静になれ!という意識があったからこそ、龍との出会いも冷静に一歩ずつ受け止められましたし、封印解除も心から真実だとその冷静な目からもお墨付きをもらえたので、こうして私は心から信頼してこの龍とのワークをさせていただいています。

ヴォイスヒーリングもそうですが、龍との封印解除は、今のこのシフトしていく地球にとても必要とされているワークの一つだと私は感じています。ご縁を感じる方にはぜひ受けていただきたいセッションです。

 

そんな不安に思われている方へ、少しでも理解していただけるためにモニターの方の封印解除の報告をご紹介します^^

遠隔のこの龍とのワークは、全神経を集中させるとても深い深いワークです。そのためか意識が現実に戻るとあっという間にそのワークのことを忘れてしまいますので、私はそのあと一気に報告メールを打ち送らせていただいております。

今回ご紹介させていただくのは、その報告メールです。どうぞ参考にしてみてください♪

*+*+*+*+*+*

Mさま

だいぶお疲れのご様子で、第1チャクラは色が薄く力がエネルギーが不足しているようでした。

またお腹のチャクラにはたくさんのコードが絡まってくっついておりましたので

それらのコードは切らせていただきました。

しばらくお体を休ませてゆっくり一人になれる時間をとられることをお勧めいたします。

喉のMさんから見て少し右側の奥に、封印が見られました。

龍さんが、白い絹の布でまかれたカギを渡してくれました。

ほどいていくと、持ち手のところにサファイヤやダイヤがちりばめられたきれいな

5センチほどのカギがでてきました。

そのカギで封印部分に差し込んで回すと、ねじが外れるようにクルクルと回りながらはずれていきました。

はずれた途端、その封印はとても重くズシっとなりました。これは罪悪感でした。

龍さんとその元となった世界を見ていくと  砂漠やゴツゴツした岩山を歩くMさんが見えました。

どうやら当時のあなたは伝道者、または神父で、あなたの後ろには多くの人が連なってついてきていました。

当時のキリスト教の教えは戒律が厳しく、体罰も頻繁にあり、それによって人々が

苦しんでいるようでした。

また宇宙から見ると、痛みを与え、罰を与えることが人をまとめることだとする観念もありました。

途中からあなたは、この教えに矛盾があると気づき、何かおかしいと思い始めていました。

しかし、何か始めたら最後までやり通さないといけないという思い込みが強く、

自分の正直な部分に蓋をしてしまったのです。

そのため罪悪感がとても溜まっていました。

龍さんと光を送り、その封印が溶けていき、封印をはずしたところの穴は

龍さんと光を送ると穴がきれいに閉じて、金の砂がサラサラ出てきました。

自分の気持ちに正直になることを選択したため喜びのようなギフトのような金色の光の砂です。

それを受け取ってMさんの全身に振りかけました。

全身のあちこちにまだ残っていた罪悪感が、その金の砂を浴びて溶けていきました。

次は額へ・・という龍さんとともに額へ目を向けると

額の真ん中(第6チャクラ)に、こんにゃくのようなぬめっとしたものが張り付いていました。

これを龍さんと光を送るとだんだん乾いてきてポロポロとはがれて落ちていきました。

剥がれ落ちると封印がありました。

龍さんが、古代エジプトの壁画で見る目の形をしたカギを出してきました。

それを封印部分に合わせるとゆっくり開き、中は宇宙空間になっていました。

その宇宙空間からアヌビス神のような恰好をした人!?が出てきて恭しくお辞儀をしてくれました。

どうやら、これはあなたと宇宙をつなぐ回路、あなたの宇宙の知恵とつながる場所のようです。

また、古代エジプト時代の知恵ともつながっているようです。

これまであなたはあなたが持っていたたくさんの知恵を閉じて生きてきました。

しかし、これからはもう隠す必要はありません。

その宇宙の知恵とつながりたいときにつながり、閉じたいときに閉じることができます。

それを可能にするために、そのアヌビス神のような人物が、黒い玉にスターの模様が入っている指輪を渡してくれました。

それに触れて唱えると、開く、閉じるが容易にできるようです。

エネルギー的な指輪ですので、イメージで思い浮かべるのもいいですし、それが苦手でしたら実際に黒い玉の指輪またはブレス、ペンダントなどをされてもいいかと思います。

それから最後は、下腹のあたり、第2チャクラのほうへと龍さんが導いてくれました。

石のように固く分厚いパンツをはいているような状態でした。そこに封印がありましたので

龍さんが石の大きな50センチ以上あるような重たいカギを出してくれました。

そのカギで開けると、ゴトっと音がして石のように固くて重いパンツのような覆いがはずれて落ちました。

中を見ると、子供のような下半身がありました。不思議なことに女性の下半身でした。修道女がひざまずいて祈っている姿が見えます。

ここには、とても厳しい、「~~してはいけない」という自由や喜びを感じることを抑えようとするエネルギーがありました。

ゴトっと落ちた石のかたまりや、子供のような下半身の部分に、龍さんと温かいやわらかい山吹色のような光を送り続けました。

すると、不思議なことにその子供だった下半身がどんどん大人になって、修道女だった女性も修道服が消えてとてもきれいなワンピース姿
になり、イキイキとした表情になりました。

どんどん第2チャクラが光を放ち始め、まぶしいくらいの光となりました。

それが全体に広がってとても暖かくきれいな光に包まれています。

自分の生き方をしよう! 自由なんだ!という感覚が広がっていきました。

今回のテーマは、「喜びに満ち溢れた自分の人生を生きる」ということでした。

自分を厳しく責めたり、抑え込んでいた封印は解除され、ようやく自由で温かいエネルギーが体全体をめぐり始めました。

どうぞ楽しんでこれからの人生を喜びをもって歩んでいってください^^

ありがとうございました。

*+*+*+*+*+*+*+*+

いかがでしたでしょうか?

 

信じるか信じないか・・・もうそれはそれぞれの自由です。

私は、信じて、受けたい!と心から思われた方とご縁を紡いていきたいと願っております。

ヒーリングは送り手だけではない、受けてとの共同作業。いわば錬金術のようなものでもあると思っています。それこそ信頼関係がなければ始まりません・・・

私は、勇気ある申し込みいただいた方々とのご縁は、とても深いものであると考えています。

ですので、毎回誠心誠意込めて行っています^^