勇気を出して一歩踏み出せば世界が変わって見えた

ヴォイスヒーリングを初めて受けて

 

そのあと、熱病にかかったかのようにヴォイスヒーリング講座の基礎、応用編

そしてライトランゲージ講座、ヴォイスヒーラーディプロマと次々の受講しました

こうしてみるとなんの障害もなくススス~っといったように見えますが

実際は葛藤の連続、罪悪感や恥ずかしさの線を超える試練の連続でした

大げさなようですが、私にとっては本当にすごくすごく勇気のいることだったのです。

初めてヴォイスヒーリングを受けたとき、受けたことで満足感いっぱいの私に雅子さんは

「fumikaさん、ヴォイスヒーラーなりませんか?」

と声をかけてくださったのです。そのとき、私はとても不思議な感覚になりました

私の声を聴いたはずなのに、私の声量のない途切れがちの小さな声しか聴いていない

はずなのに、どうしてそういってくれるんだろう・・お世辞にしてはすごく熱意が

伝わる・・正直戸惑いました。

でも、時間がたつにつれてその言葉があったかく心に沁みとおって

なんていうんでしょう・・私のすべてを肯定されたような・・そんな感覚になりました。

そして戸惑いが、うれしさに変わりました

雅子さんにとったら何気なく言った言葉かもしれません。でも私には人生を変えるような

光の言葉だったのです・・・

 

そんなことで声を出すという扉を開き、次々と受講した私ですが

なかなかもう一つ扉を開けることができずにいました・・・

 

ヴォイスヒーリングを教えてくれた雅子さんの誘導で声を出して歌うことが

できるようになった私ですが一人で歌うことにすごく抵抗を感じていました

 

人前で一人で声を出す・・そう意識しただけで喉がキュッとなって

ああ・・私歌下手なのに・・・とかどう思われるだろう・・とか

余計な思考があちこち飛び交いせっかくつながっていた宇宙の光も途切れそうに

なりました・・そんな自分が嫌で、もうヴォイスヒーラーなんかやめてしまおうか・・

所詮私には無理なんだ・・・そう何度も思って遠のこうとしました

 

最後のヒーラーのディプロマをとる講座のとき、とうとう私は弱音を吐いてしまいました

ずっとずっと気にしないようにと奥底にしまいながら全然しまい切れてなくて

不安が恐怖に変わりつつあった私はつい言ってしまったのです

「私は歌が下手でうまく歌えている自覚がないので自信がないんです

ヴォイスヒーラーになる人は当然歌がうまくないといけないんじゃないでしょうか」

 

それを最後まで言い切らないうちに雅子さんからはっきりと言われました

「fumikaさん、それは評価する、評価されるの二元性の世界ですよ

もうあなたはそこではないでしょう?

それに私はヴォイスヒーリングというのはもっと身近で誰にでも体験できるものだと

思っているんです うまい下手なんか関係ない そうでしょう?」

 

その言葉と伝わってくるエネルギーでもう一つの扉が開きました

 

そう、私がやろうとしていることは、きれいな歌を歌って相手に「上手だね~」と

聞き惚れてもらうためではない。

宇宙のエネルギーを音に変えて伝えていくアチューメントなんだ・・・

 

 

それに気づくとストンと何かが腑に落ちてとても安心する自分がいました

 

そうだ。一生懸命やろう。精一杯やろう。そう決意しました

今、以前とは違う景色の中に私はいます・・・

決意し、変わろうと思ったら人は変われます。

そしてそこから見る景色は素晴らしいです。